携帯電話

オンラインカジノのレビュー

スマホをフルに効率よく使う方法として、お勧めしたいのがオンラインカジノでゲームをプレイすることです!!最近のネットカジノでは、日本人ユーザーがサインアップをすると無料で遊べるゲームを提供しています。オンラインカジノのレビュー、または比較を www.casinotop5.jp にて読むことができます。当社が自信を持ってオススメしたいインターネットカジノはVera & Johnカジノです。ぜひお試しください!
携帯電話

スマホセキュリティー安全対策

テクノロジー専門のウェブサイトによると、AndroidAuthorityが世界でも注目されているプライバシーの問題を発表いたしました。日本最大の携帯電話会社NTTドコモは世論に挑戦すべく、アンドロイドのスマホにユーザーがどこにいるか分かるGPS機能のソフトウェアを搭載いたしました。 表面上、この機能は非常事態発生時や警察に協力するのを目的として搭載されましたが、プライバシーの権利を無視しており不必要という声も多く上がっています。さらに驚くべきことに、この世論を無視してドコモはこの機能の搭載に踏み入ったのです。 ドコモは過去数カ月に、 サムスンのギャラクシーS7EdgeやソニーXパフォーマンスなどと内蔵式の機能を含む機種契約に成功しています。今年後半には、同社は他のデバイスにリモート追跡機能が付いているソフトウェアのアップグレードをリリースする予定です。「ジャパンタイムズ」によると、総務省のガイドラインに基付いた上でこれらのデータを政府に提供するには、ユーザーの許可を得ないといけないと報告されています。しかし去年の6月の判決により、ドコモの要望が正当だという判決が出ました。よって、ドコモはユーザーの許可なしに個人情報を政府に提供できることになりました。 法的かどうかは関係なく、この行為が正しいのかどうかと疑問に思う声も多く上がっております。清水弁護士は、「ドコモが行ったこの行為はプライバシーの侵害です。位置情報を公開することは他の人にその人の思想、または活動行為までも知られるリスクがあります。これは立派な個人情報で、第三者に提供してはいけないと思います。」と述べております。 また清水氏は、「ユーザーのGPSデータを取得する前に、管理者が最初に認可裁判所から許可を得るべきです。しかしプライバシー擁護派はこれにも満足しておらず、個人情報保護法にさらなる見直しが必要であると述べています。清水弁護士、およびその他の弁護士は、これらの行為が違法だと主張しております。 eminori.jpは常にスマホの安全徹底を推奨しております。スマホのセキュリティーに関する詳しいことは下記のリンクをご参照ください。 https://en.wikipedia.org/wiki/Mobile_security 下記にスマホをどう守るか幾つか述べております。 1.常にスマホのソフトウェアをアップデートすること。 お客様の持っているスマホがiOS, Android、またはWindowsであろうと、常に最新のOSバージョンに保つこと。Androidは他者に比べて多少アップデートが困難かもしれませんが、アップデートする価値はあります。理由としては、アップデートしたOSに新たな機能が追加されているケースがありますが、他にもセキュリティーの強化にも繫がるからです。 2. 常にスクリーンにロックをかけること。 今の時代、スクリーンにロックをかけるのは当たり前。たとえベーシックで簡 単なものでも良いので必ずパスワード設定をすること。
携帯電話

携帯で子育て支援

携帯電話やスマートフォンの高普及率と手軽さを利用し、小さなお子さんのいる家庭をターゲットに、子育てを支援する情報をタイムリーに発信するサービスの提供も考えられます。日々の家事におわれ、ともすれば忘れられがちなお子さんの定期健診やワクチンの種類と投与時期などの情報を事前にメールでお知らせするサービスや、薬物アレルギーの情報をお子さんに持たせる携帯電話の中に保存し、事故など親の不在の際でも医療関係者が携帯電話を確認するだけですぐに分かるようなシステムの構築も可能であると考えられます。GPSを用いてお子さんの行動状況をリアルタイムで把握し、事故や事件に巻き込まれることを未然に防ぐといったことも可能です。こういったサービスを活用し、医療機関の負担を軽減することも、携帯電話の持つ可能性の一つと考えられます。
携帯電話

医療での緊急連絡

携帯電話やスマートフォンの普及率が100%を超えていることはすでに触れましたが、これは大多数の人たちが一台はそういった通話機器を所有し、日常生活の中で常に手元に置いているという状況を示しています。そうなると、もしもの際に家族のメンバーに緊急に連絡をとりたい場合、家族のメンバーそれぞれの携帯電話に直接連絡がゆくようなシステムが構築出来れば、緊急の連絡をよりスムーズに、より的確に行なうことができるようになります。携帯電話番号を事前登録しておくことによって、お子さんがなんらかの事故に巻き込まれて病院に搬送されたり、認知症を患う老人が道に迷ったり事故にあった際、警察や医療関係者がボタン1つでお子さんや老人に持たせた携帯電話から家族メンバーに一挙にメッセージが送れるようなシステムがあれば、大変心強いと考えられます。
携帯電話

携帯で健康管理

携帯電話やスマートフォンは、近年通話機器以上の機能を有するようになりました。さらに、それらの端末が大変身近になった今、これを医療の現場でも活用しようという動きが出てきました。例えば、病院までの移動が難しい患者のために、携帯電話のビデオ通話機能を利用して遠隔診察を行なったり、生活習慣のデータの収集をこれらの端末を用いて行なったりすることが可能になりました。更には、ウェブサイトの閲覧履歴を解析することにより外食のパターンを割り出し、食の偏りが軽減できるよういろいろな飲食店の推薦を行なったり、より健康的な料理メニューを対象とした割引クーポンを発行したりすることも。また、禁煙を行なっている人に禁煙の手助けになるような情報を定期的に発信するなど、携帯電話を通じて生活習慣の見直しを促す一端を提供することも可能です。
携帯電話

呼び出しサービス3

医療機関での順番待ちの番号の通知をテキストメッセージで行なうことによって、番号を待っている人達が病院の待合い場所にいなくても自分の番号の呼び出しを知ることができるようになりました。これにより、待ち時間中に他の簡単な用事を済ませたり、食事をとったりすることができるようになり、待ち時間を効率良く使えるようになりました。こういったシステムは、病院での診察の順番待ち以外にも、会計での順番待ちや、薬の処方の順番待ちにも利用することができ、時に一時間以上もかかってしまう病院などでの順番待ちに費やされる時間の有効活用を可能にしています。また、このようなシステムの導入は、待合い場所の混雑を軽減したり、病院内の食堂やカフェテリアでの消費を促進させたりと、医療機関側にも経営効率の向上をもたらしてくれます。
携帯電話

呼び出しサービス2

医療機関での携帯電話やスマートフォンの利用が広く認められるようになると、順番待ちの番号の通達を、音声アナウンスや掲示を通してではなく、待っている人たちの携帯電話やスマートフォンに直接届くテキストメッセージとして伝達するというシステムが開発されるようになりました。テキストメッセージを利用することで、携帯電話の圏内に居るかぎり、どこにいてもいつ自分の番号が呼ばれるかをあらかじめ知ることができ、順番を待っている人達が、病院の待合い場所やその近くで自分の番号が呼ばれるのをじっと待ち続ける必要がなくなりました。海外の多くの国ではすでに定着したサービスですが、日本でもこれからの活用が期待される、携帯電話を利用した新しいサービスの一つです。
携帯電話

呼び出しサービス1

医療機関での携帯電話やスマートフォンの使用可能空間が広がるなか、それらの通信機能を生かしたサービスを提供する動きも盛んになってきました。それらサービスの一つに、テキストメッセージ(SMS)を利用した呼び出しサービスといったものがあります。みなさんも病院などに行かれた際、長い順番待ちをしなければならなかった経験がおありだと思います。従来のシステムでは、機械が発行する番号の印刷された紙片を受け取り、その番号が呼ばれるまで、番号の音声アナウンスが聞こえるか、自動掲示板が見える待ち合い場所で待機する、というスタイルが一般的でした。しかし、このシステムでは、番号が呼ばれたかどうかわかる場所で待機していなければならず、おのずから待っている人の行動範囲が大幅に制限されてしまうという不便さがありました。
携帯電話

携帯使用制限の緩和

現代において、携帯電話は人々の生活に密着した技術へと成長してきました。携帯電話の普及率も、2000年には半数ほどの53%であったのが、2010年に100%を超えても右肩上がりに増加し、2014年には120%にまで到達しました。それにひきかえ、固定電話の普及率はほぼ横ばいの50%前後となっており、近年における個人の通信・通話の形態の変化を明確に示唆するものとなっています。 この普及率の差の大きな原因のひとつは、固定電話は家族や複数の人間が共用するものであるのに対し、携帯電話は個人が一台、もしくは複数台所有するという使用形態の違いに大きく由来しています。これまでにはなかった、「1個人1携帯電話」という通信機器と個人の密接なつながりを、いろいろな方面で利用しようとする動きが活発になっています。
携帯電話

広がる携帯利用

現代において、携帯電話は人々の生活に密着した技術へと成長してきました。携帯電話の普及率も、2000年には半数 ほどの53%であったのが、2010年に100%を超えても右肩上がりに増加し、2014年に は120%にまで到達しました。それにひきかえ、固定電話の普及率はほぼ横ばいの50%前後となっており、近年における個人の通信・通話の形態の変化を明確に示唆するものとなっています。 この普及率の差の大きな原因のひとつは、固定電話は家族や複数の人間が共用するものであるのに対し、携帯電話は個人が一台、もしくは複数台所有するという使用形態の違いに大きく由来しています。これまでにはなかった、「1個人1携帯電話」という通信機器と個人の密接なつながりを、いろいろな方面で利用しようとする動きが活発になっています。