需要と供給の時代にフィットしたスマホ

今の現代ではスマホの所有者が年々増え続け、ほとんどの人が所有するようになりました。それではスマホとは一体なんでしょう?スマホとは、タッチパネルで操作のできる多機能携帯電話のことです。正式にはスマートフォン(smartphone)といい、有名なものにはiPhoneやAndroid端末などがあります。日本語に訳すと「賢い電話」という名前の通り、普通の携帯電話に比べてたくさんの機能がついています。まず従来の携帯電話との大きな違いは、タッチパネルを指で操作することにあり、より直感的に操作できるという利点があります。また、パソコンに近いという側面もあり、アプリケーション(アプリ)をダウンロードすることで自由に機能を拡張することができます。このような、自由度の高さもスマホならではでしょう。今の時代、なんとスマホでカジノができるようになりました。オンラインカジノと言って、インターネット環境さえあれば、スマホやパソコン、タブレットから本場カジノと同じゲームを楽しむことができます。オンラインカジノの魅力は、スマホさえあれば、通勤中でも移動中でも、いつでもどこからでもカジノを楽しめ、サクッと稼げちゃうことです。

スマホは、携帯電話というよりも”小さなパソコン”だと言われています。それは、パソコンにWindowsやMac OSなどのOSと呼ばれる基本ソフトが搭載されているように、スマホにもOSが搭載されているからです。(ガラケーと呼ばれる従来の携帯電話にもOSと呼ばれるものは搭載されていますが、スマホのOSほどの性能はありません。)そして、そのスマホの主なOSの名前が「iOS」と「Android」なのです。よく、AndroidとiPhoneと言われますが、Androidというのはスマホの中に搭載されているOSの名前であり、決してスマホ・端末の名前ではありません。

また、スマホ向けのアプリには、SNSを利用するためのアプリからゲームアプリまで、幅広くたくさんの種類があるので、自分好みのカスタマイズをすることができます。スマホには最新の技術がたくさん詰まっています。昔では考えられなかったようなことが今では普通に実現できます。スマホは正しく使えば、私たちの生活を楽しく豊かなものにしてくれる、新たな素晴らしいデバイスなのです。これからの時代はスマホが主流になってきます。是非これから、スマホをしっかりと活用していく方法を学んでいってもらいたいです。

先ほど簡単にOSの話をしましたが、iPhoneはスマホ・端末の名前ですが、中に入っているOSの名前がiOSです。それでは、iOSとAndroidの違いを説明していきます。 iOSは、iPhoneやiPad、iPodなどの販売・開発を手がけるアメリカのApple社が開発しているOSです。iOSは、Apple社製品以外の端末にインストールしても技術的には問題なく使用できますが、Apple社は規約上してはいけないこととしています。そのため、Apple社は端末及びその端末に搭載するOSの開発を一貫して行っています。しかし、それによって端末との確実な互換性(不具合が起きにくい)ができ、スマホが初めての方でも安心して使用することができます。また、様々な形の端末があるAndroidと比べて、iOSが搭載されている端末は形が限られてくるので、カバーや液晶保護フィルムなどのアクセサリーが多いことも良い点に挙げられます。

Androidとは?
次にAndroidについてです。Androidはアメリカの大手企業Google社が開発をするOSです。無料で自由に改変・再配のできるオープンソースで開発されているため、日本を含め世界各国の様々なメーカーが端末の開発を行っています。そのため、私たちは多くの端末の中からその国の、また、自分のライフスタイルに合わせた端末を選んで利用することができ、安心感も持てます。例えば、日本ではワンセグ機能やおサイフケータイ機能、防水・防塵(ぼうじん)機能の付いた端末が多く販売されています。しかし、この自由性を悪用する悪質なアプリが存在するため、セキュリティ的にはiOSよりも劣ってしまいますが、その分自分の好みに合わせてカスタマイズすることができ、オリジナリティを出すことができるというメリットがあります。さらに、Androidはスマホやタブレット端末だけにとどまらず、自由性を活かし、デジタルカメラや家電製品などにも搭載されるようになってきています。これにより、私たちはこれまで以上に高性能な製品を利用することができるようになりました。