Emergency contact携帯電話やスマートフォンの普及率が100%を超えていることはすでに触れましたが、これは大多数の人たちが一台はそういった通話機器を所有し、日常生活の中で常に手元に置いているという状況を示しています。そうなると、もしもの際に家族のメンバーに緊急に連絡をとりたい場合、家族のメンバーそれぞれの携帯電話に直接連絡がゆくようなシステムが構築出来れば、緊急の連絡をよりスムーズに、より的確に行なうことができるようになります。携帯電話番号を事前登録しておくことによって、お子さんがなんらかの事故に巻き込まれて病院に搬送されたり、認知症を患う老人が道に迷ったり事故にあった際、警察や医療関係者がボタン1つでお子さんや老人に持たせた携帯電話から家族メンバーに一挙にメッセージが送れるようなシステムがあれば、大変心強いと考えられます。