Mobile in child care support携帯電話やスマートフォンの高普及率と手軽さを利用し、小さなお子さんのいる家庭をターゲットに、子育てを支援する情報をタイムリーに発信するサービスの提供も考えられます。日々の家事におわれ、ともすれば忘れられがちなお子さんの定期健診やワクチンの種類と投与時期などの情報を事前にメールでお知らせするサービスや、薬物アレルギーの情報をお子さんに持たせる携帯電話の中に保存し、事故など親の不在の際でも医療関係者が携帯電話を確認するだけですぐに分かるようなシステムの構築も可能であると考えられます。GPSを用いてお子さんの行動状況をリアルタイムで把握し、事故や事件に巻き込まれることを未然に防ぐといったことも可能です。こういったサービスを活用し、医療機関の負担を軽減することも、携帯電話の持つ可能性の一つと考えられます。