アプリ Archive

アプリ

日本のペット事情

日本のペット事情 まずはこの本の著者について紹介をしていきましょう。著者であるエリザベス・オリバーさんはイギリス出身の女性で、現在は日本においての動物保護活動を行っている「アーク」の代表を務めています。そして2013年に長年の功績を讃えられ、あの英国エリザベス女王より大英帝国五等勲爵士を受勲した経歴を持たれています。 ではこの『日本の犬猫は幸せか』にはどのような事が書かれているのかと言うと、ズバリそれは“日本における動物保護に対する問題点”として指摘されとても大切で且つ厳しい警告が書かれています。オンラインカジノをぜひ試してみましょう! 『ドッグズ・トラスト』という存在 イギリスには現在イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドに20のドッグシェルターを設置して700人のスタッフと2500人のボランティアを派遣し、今もなお毎年施設をオープンさせ続けている英国最大の犬保護団が存在します。 その名も“ドッグズ・トラスト”です主な取り組みといえばドッグズ・トラストの活動は非常に幅広く、保護犬の避妊・去勢手術やマイクロチップの登録の他に、子供達に犬との正しい接し方を教える教育活動などを行っていて、あのエリザベス女王がパトロンにもなっています。 そして、シェルター内では保護された犬たちは次の飼い主と出会えるというチャンスを得ることができるようになっているのです。 収容される数は多くても処分される数は少ないアメリカでは国内の保健所に収容される犬猫の数は年間約500万頭という、一見すると日本の20倍近い数字に見えますが、収容された犬猫の殺処分率は日本の90%に対して、アメリカの殺処分率はそれよりも半数近く低い50~60%と言われています。   殺さない収容所の設置 またアメリカではノー&ーローキルシェルターという、殺処分をしない収容施設が存在します。 そしてその施設の多くは人々が足を運びやすくして、もちろん収容されている子達とっても清潔な施設内で健康状態に合わせた餌や温度などが管理され、更に専用のおもちゃや綺麗なベッドが常備されています。 一方のペット後進国とされている我が国日本ではどうなっているでしょうか。 他の国に比べると、犬猫が施設へ収容されてから殺処分されてしまうまでの期間が3〜5日という非常に短い上にペットシェルターの数も少ないので、次の飼い主を見つけられるチャンスは本当に僅かしかありません。 結論からいいますと日本のペットは、 『施設へ送られる』=『処分される』
iOS

今更聞けないけど、スマホって何?

需要と供給の時代にフィットしたスマホ 今の現代ではスマホの所有者が年々増え続け、ほとんどの人が所有するようになりました。それではスマホとは一体なんでしょう?スマホとは、タッチパネルで操作のできる多機能携帯電話のことです。正式にはスマートフォン(smartphone)といい、有名なものにはiPhoneやAndroid端末などがあります。日本語に訳すと「賢い電話」という名前の通り、普通の携帯電話に比べてたくさんの機能がついています。まず従来の携帯電話との大きな違いは、タッチパネルを指で操作することにあり、より直感的に操作できるという利点があります。また、パソコンに近いという側面もあり、アプリケーション(アプリ)をダウンロードすることで自由に機能を拡張することができます。このような、自由度の高さもスマホならではでしょう。今の時代、なんとスマホでカジノができるようになりました。オンラインカジノと言って、インターネット環境さえあれば、スマホやパソコン、タブレットから本場カジノと同じゲームを楽しむことができます。オンラインカジノの魅力は、スマホさえあれば、通勤中でも移動中でも、いつでもどこからでもカジノを楽しめ、サクッと稼げちゃうことです。 スマホは、携帯電話というよりも”小さなパソコン”だと言われています。それは、パソコンにWindowsやMac OSなどのOSと呼ばれる基本ソフトが搭載されているように、スマホにもOSが搭載されているからです。(ガラケーと呼ばれる従来の携帯電話にもOSと呼ばれるものは搭載されていますが、スマホのOSほどの性能はありません。)そして、そのスマホの主なOSの名前が「iOS」と「Android」なのです。よく、AndroidとiPhoneと言われますが、Androidというのはスマホの中に搭載されているOSの名前であり、決してスマホ・端末の名前ではありません。 また、スマホ向けのアプリには、SNSを利用するためのアプリからゲームアプリまで、幅広くたくさんの種類があるので、自分好みのカスタマイズをすることができます。スマホには最新の技術がたくさん詰まっています。昔では考えられなかったようなことが今では普通に実現できます。スマホは正しく使えば、私たちの生活を楽しく豊かなものにしてくれる、新たな素晴らしいデバイスなのです。これからの時代はスマホが主流になってきます。是非これから、スマホをしっかりと活用していく方法を学んでいってもらいたいです。 先ほど簡単にOSの話をしましたが、iPhoneはスマホ・端末の名前ですが、中に入っているOSの名前がiOSです。それでは、iOSとAndroidの違いを説明していきます。 iOSは、iPhoneやiPad、iPodなどの販売・開発を手がけるアメリカのApple社が開発しているOSです。iOSは、Apple社製品以外の端末にインストールしても技術的には問題なく使用できますが、Apple社は規約上してはいけないこととしています。そのため、Apple社は端末及びその端末に搭載するOSの開発を一貫して行っています。しかし、それによって端末との確実な互換性(不具合が起きにくい)ができ、スマホが初めての方でも安心して使用することができます。また、様々な形の端末があるAndroidと比べて、iOSが搭載されている端末は形が限られてくるので、カバーや液晶保護フィルムなどのアクセサリーが多いことも良い点に挙げられます。 Androidとは? 次にAndroidについてです。Androidはアメリカの大手企業Google社が開発をするOSです。無料で自由に改変・再配のできるオープンソースで開発されているため、日本を含め世界各国の様々なメーカーが端末の開発を行っています。そのため、私たちは多くの端末の中からその国の、また、自分のライフスタイルに合わせた端末を選んで利用することができ、安心感も持てます。例えば、日本ではワンセグ機能やおサイフケータイ機能、防水・防塵(ぼうじん)機能の付いた端末が多く販売されています。しかし、この自由性を悪用する悪質なアプリが存在するため、セキュリティ的にはiOSよりも劣ってしまいますが、その分自分の好みに合わせてカスタマイズすることができ、オリジナリティを出すことができるというメリットがあります。さらに、Androidはスマホやタブレット端末だけにとどまらず、自由性を活かし、デジタルカメラや家電製品などにも搭載されるようになってきています。これにより、私たちはこれまで以上に高性能な製品を利用することができるようになりました。