日本のペット事情

まずはこの本の著者について紹介をしていきましょう。著者であるエリザベス・オリバーさんはイギリス出身の女性で、現在は日本においての動物保護活動を行っている「アーク」の代表を務めています。そして2013年に長年の功績を讃えられ、あの英国エリザベス女王より大英帝国五等勲爵士を受勲した経歴を持たれています。
ではこの『日本の犬猫は幸せか』にはどのような事が書かれているのかと言うと、ズバリそれは“日本における動物保護に対する問題点”として指摘されとても大切で且つ厳しい警告が書かれています。オンラインカジノをぜひ試してみましょう!

pets

『ドッグズ・トラスト』という存在

イギリスには現在イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドに20のドッグシェルターを設置して700人のスタッフと2500人のボランティアを派遣し、今もなお毎年施設をオープンさせ続けている英国最大の犬保護団が存在します。
その名も“ドッグズ・トラスト”です主な取り組みといえばドッグズ・トラストの活動は非常に幅広く、保護犬の避妊・去勢手術やマイクロチップの登録の他に、子供達に犬との正しい接し方を教える教育活動などを行っていて、あのエリザベス女王がパトロンにもなっています。
そして、シェルター内では保護された犬たちは次の飼い主と出会えるというチャンスを得ることができるようになっているのです。

収容される数は多くても処分される数は少ないアメリカでは国内の保健所に収容される犬猫の数は年間約500万頭という、一見すると日本の20倍近い数字に見えますが、収容された犬猫の殺処分率は日本の90%に対して、アメリカの殺処分率はそれよりも半数近く低い50~60%と言われています。

 

殺さない収容所の設置

またアメリカではノー&ーローキルシェルターという、殺処分をしない収容施設が存在します。
そしてその施設の多くは人々が足を運びやすくして、もちろん収容されている子達とっても清潔な施設内で健康状態に合わせた餌や温度などが管理され、更に専用のおもちゃや綺麗なベッドが常備されています。

一方のペット後進国とされている我が国日本ではどうなっているでしょうか。

他の国に比べると、犬猫が施設へ収容されてから殺処分されてしまうまでの期間が3〜5日という非常に短い上にペットシェルターの数も少ないので、次の飼い主を見つけられるチャンスは本当に僅かしかありません。
結論からいいますと日本のペットは、
『施設へ送られる』=『処分される』
と言っても過言ではないのです。

そもそも日本は今年の流行ペットというようにファッション感覚で流行りのペットを毎年ごとに取っ替え引っ替えテレビや雑誌で取り上げて、ペットショップには動物を物のように陳列し、また「今日はこの服で、明日はこのアクセサリー」と着飾らせて愛でるまでは良いが、飽きたらさっさと保健所へ捨てていく身勝手な飼い主もいるのが現状です。もちろん多くの飼い主さんは最後まで大切に愛犬や愛猫を育てているのですが、日本はこのようなペットをオモチャのように扱っているメディアや飼い主が海外よりも多いです。そんなペット後進国の日本が少しでも先進国へと近付く為には、今後どんな点を改善していけば良いのでしょうか。